ガス給湯器の耐用年数(寿命)は何年?交換目安と注意点

ガス給湯器の寿命を具体的に理解している方は多くいません。

故障しない限り、使用を続けることが一般的です。

今回は、ガス給湯器の交換目安や寿命を伸ばすためのポイントを紹介します。

寿命を超えた給湯器は火災などの事故も引き起こしますので、定期的な交換をおすすめします。

▼エコキュートが76%OFF!

電話で概算確認OK!

https://kyuto.antenapanda.com/

※土日祝も対応してくれます。

ガス給湯器の耐用年数(寿命)は10年程度

ガス給湯器の寿命は、各メーカーで約10年と設定されています。

10年が経過すると、部品の磨耗・電装基盤の故障など劣化による不具合が発生するからです。

平均的な寿命は目安のため、正常時とは違う音が鳴ったり、上手く作動しない場合は交換のサインかもしれません。

10年を経過しても使用できる製品もありますが、メーカーは定期的に新しい製品にモデルチェンジするため、旧式タイプのガス給湯器の部品の取り寄せができない場合があります。

また、対応できたとしても修理費がかかる場合もあります。

故障が見受けられたガス給湯器は、他の部品も経年劣化しているため、2回、3回と修理を繰り返して使用するより省エネや機能も優れた新しい給湯器に交換した方が快適に生活できます。

この症状が出たら給湯器交換の目安

ここでは、給湯器の交換の目安になる症状を原因と対策も含めて解説します。

お湯の温度が安定しない

お湯の温度が保たれない場合は、内部の温度調整センサーが壊れているかもしれません。

寿命による故障も考えられるため、メーカーまたは専門業者に点検を依頼して、ガス給湯器の交換・修理を検討しましょう。

お湯が出ない

お湯が出ない場合は、給湯器内部の部品の劣化が考えられます。

壊れた部品のみを交換すれば直る可能性もありますが、複数箇所に不具合が発見された場合は、交換する方が安く済むこともあります。

専門業者に調査を依頼して原因を見つけましょう。

給湯器から煙が出ている

白い煙は水蒸気であることが多いですが、黒い煙は不完全燃焼の恐れがあり危険です。

すぐに使用を中止して専門業者に修理・交換を依頼してください。

異臭・異音がする

給湯器からガスや焦げたような異臭がする場合は、不完全燃焼やガス漏れが考えられます。

引火すると火災の原因にもなるため、使用を中止して専門業者に交換を依頼してください。

給湯器はお湯を沸かすときに音が鳴る製品ですが、聞きなれない音や爆発音が聞こえた場合は、配管やモーター、内部部品の劣化や不完全燃焼の恐れがあります。

すぐに使用を中止して専門業者に点検を依頼しましょう。

関連給湯器からの臭いはトラブルの前兆?臭いの種類と解消法

水の出が悪い

シャワーを使用していて、水の出が悪いと感じる場合は、給湯器の劣化が考えられます。

季節によって変動があるため判断が難しいですが、今までと違うと感じたら点検をおすすめします。

エラーコードが頻繁に表示される

給湯器はリモコンとセットになっていることが多く、お湯張り・湯量・温度設定を行うことができます。

給湯器の劣化が原因でエラーコードがリモコンに表示されることもあります。

エラーコードは一時的なもので正常に戻ることもありますが、異常を感じたら点検を依頼しましょう。

エラーコードの『888』・『88』は給湯器の点検時期を知らせています。

利用中の給湯器が、一般的な使用方法で10年程使用された場合に通知される番号であり、エラーの発生ではありません。

表示された場合は、メーカーに連絡して点検やメンテナンスを受けることをおすすめします。

水漏れしている

給湯器本体から水漏れしている場合は、配管など部品の劣化や腐食、シールの不良が考えられます。

使用年数によっては寿命かもしれないため、点検や交換を依頼しましょう。

給気口・排気口周りが黒ずみやサビで汚れている

給気口・排気口周りが黒ずみやサビで汚れている場合は、給湯器内部の水漏れ・ガス洩れの可能性があります。

経年劣化で汚れている場合は、掃除を行いましょう。

その後、再び汚れる場合は故障の可能性もあります。

追い焚きが機能しない

十分なお湯を入れているのに追い焚きができなかったり、途中で止まる場合は電気系統部分の故障が考えられます。

追い焚きは湯船の冷めたお湯をポンプに取り込み、温めてから再び湯船に戻す仕組みです。

湯船のお湯を取り込むフィルターが汚れていて、追い焚きが十分に機能しない場合は、フィルターを清掃してみましょう。

関連追い炊きガス給湯器の仕組み【図解あり】

長い間給湯器を使わないと寿命は短くなる

長期間、給湯器を使用しない場合、コンセントを抜いたりブレーカーを落とす際は、給湯器の水抜き栓を開いて、給湯器内部の水を抜きましょう。

寒い冬の時期に長期間、電源を抜いてしまい凍結防止ヒーターが作動せず、給湯器の水が膨張して破裂の原因になります。

水漏れを引き起こして、給湯器の寿命を縮めるので注意してください。

給湯器の寿命を長くする為にやるべきこと

給湯器を長く使うためのポイントを紹介します。自宅でできる方法のため実践してみましょう。

まず排気口・吸気口の詰まりを改善する方法があります。

排気口・吸気口がゴミで詰まってしまうと、不完全燃焼の原因になるため定期的な掃除を行いましょう。

また、給湯器付近には物を置いて排気口・吸気口を塞がないように注意してください。

次に循環アダプターのフィルターを掃除する方法があります。

追い焚き機能付きの給湯器には、浴槽内に循環アダプターが取り付けられています。

循環アダプターが詰まるとお湯が循環しにくくなり、配管の不具合を生じさせる原因にもなるので定期的に掃除をしましょう。

最後にお湯を使わない時はレバーを水側に回す方法があります。

お湯を使わない時はレバーを水側に回しておくことも給湯器の長持ちの方法です。

レバーがお湯側に回っていると、お湯を使用しないときでも給湯管に水が通るため、温度差によって配管が痛みやすくなります。配管が錆びてしまう原因にもなります。

給湯器は完全に壊れる前に修理・交換を検討しましょう

お湯はキッチンやバスルームなどで使うことが多く、普段の生活で欠かせません。

給湯器が壊れてから納品されるまでには工事日も含めて日数がかかります。

特に冬の時期は、お湯を使う頻度も多いため生活に支障をきたします。

また、ガス給湯器は10年以上使用を続けると、ガスの不完全燃焼や漏電による火災のリスクが発生します。

寿命を過ぎたガス給湯器は、リスクを抱え続けることになるため普段から故障の不安が付きまといます。

経年劣化により起こる事故をまとめてみました。

事故名初期症状
一酸化炭素中毒排気口の周囲が黒い場合は不完全燃焼の可能性あり
火災点火不良やガス漏れにより生じる
火傷リモコンの設定温度よりも高温のお湯が出る
異常着火燃焼初期に爆発的な着火を起こす

設置から10年以上を経過して不具合が生じ始めた給湯器は、早めに交換・修理を検討した方が安心です。

おすすめガス給湯器・エコキュート交換業者『給湯パンダ』
創業16年のガス給湯器・エコキュート業者
7つのメリット
  • エコキュート76%OFF!
  • 10年保証!
  • 最短当日のスピード対応!
  • 自社一貫施工!
  • 見積もり無料!
  • 土日祝も対応!
  • 電話で概算確認OK!

当サイトは、給湯器の交換・修理に給湯パンダをおすすめしています。

給湯パンダは、受付から修理・交換まで自社で一貫して行っているため、中間マージンなども発生しません。

webや電話から無料で給湯器の交換・修理の総額を確認することができます。

土日祝も対応してくれるので、給湯器の交換・修理を検討している方は公式ホームページを見てみてください。

\見積もり・調査費用無料!/
※工事が始まるまで費用は一切かかりません。