エコジョーズに入浴剤(バスソルト)を使う時の注意点

エコジョ-ズで追い炊き機能付きのお風呂では、入浴剤は使用しない方がよいと聞き、悩んでいませんか。

エコジョーズは商品名のため、入浴剤の使用は問題ありません。しかし、循環方式の追い焚き機能付きのエコジョーズでは、入浴剤の使用には注意が必要です。

今回は、エコジョーズに入浴剤を使う際の注意点、追い炊き機能が不具合を起こした際の対処方法を紹介します。

ご自宅でエコジョーズを使用している方はぜひ参考にしてください。

▼エコキュートが76%OFF!

電話で概算確認OK!

https://kyuto.antenapanda.com/

※土日祝も対応してくれます。

含有されている成分(強酸アルカリ・強アルカリ・硫黄・酸)に注意

お風呂の入浴剤には、身体が温まる保温効果や痛み・疲労をリセットする血行促進効果など、さまざまな効果があります。

しかし、エコジョーズの使用時には入浴剤の使用に注意してください。

入浴剤のパッケージに使用時の注意点が記載されていますので、使用前に確認しましょう。

注意が必要な入浴剤の成分は、以下の4つです。

  • 強酸アルカリ
  • 強アルカリ
  • 硫黄

上記の温泉成分を含む入浴剤には、配管の金属の腐食や錆を引き起こす恐れがあります。機器の性能低下や熱交換器が腐食する原因にもなるので、使用しないでください。

特に、硫黄を含む入浴剤は注意してください。

エコキュートは配管に銅管が使われているタイプがあり、硫黄成分から発生する硫化水素によって、腐食するリスクが高いと言われています。

入浴剤に含まれる硫黄は、少量であっても長期間使用を続けると、腐食が進行するため使用を控えましょう。

入浴剤の含有成分を確かめ、悪影響がない商品を使用してください。

白濁する入浴剤はエコジョーズ不具合の原因になりうる

乳白色など白濁するタイプの入浴剤も使用を止めましょう。

白濁する入浴剤の中には、沈殿物が熱交換器に溜まり、異音の発生やフィルターに溜まり動作不良を起こす恐れがあります。

このような入浴剤には、酸化チタンが含まれているのが原因です。酸化チタンが研磨剤となり、エコジョーズやふろがまの内部を劣化させ、故障を引き起こします。

沈殿物が生じない商品でも熱交換器内で沸騰を起こし、異音が発生するので、使用を避けてください。

関連エコジョーズが故障する主な原因と対策

エコジョーズに使用できる入浴剤(バスソルト一覧)

次に、エコジョーズに使用できる入浴剤は以下の商品です。

  • バブ
  • バスクリン
  • きき湯
  • バスロマン

しかし、上記の商品の中には、にごり湯タイプの商品もあるため、成分を確認して使用しましょう。

エコジョーズの機器によって使用できない商品もあるので、取扱説明書を確認してください。

追い焚き機能付きのエコジョーズで安全に入浴剤を使う方法

追い焚き機能付きのエコジョーズでは、入浴剤の種類だけでなく適切な使い方も知っておくと、故障のリスクを抑えられます。

ここでは、追い焚き機能付きのエコジョーズで安全に入浴剤を使う方法を紹介します。

追い焚き機能を切ってから入浴剤を使う

追い炊き機能で使える入浴剤でも適切な投入量や回数を守らずに使用すると、浴槽や配管を傷める恐れがあります。

商品パッケージを確認して、適切な量を使用しましょう。

また、種類やメーカーの異なる入浴剤を混ぜて使用することも避けてください。

複数の入浴剤を混ぜると、成分によっては化学反応を起こす恐れがあり、浴槽や配管を傷めたり、人体に影響を与える成分が発生します。

入浴後に浴槽や配管を清掃する

入浴剤を使用したお風呂では、お湯をすべて流した後に浴槽を掃除しましょう。

浴槽に付着した入浴剤を確実に落として、次に追い焚きを使用する際にもエコジョーズの配管に入浴剤が入り込むリスクを防げます。

また、入浴剤の成分自体に問題がなくても、溶け残った入浴剤が浴槽の底や排水口に残ると、汚れやカビの原因になります。

定期的な配管の掃除も大切です。給湯器の配管洗浄機能の使用もおすすめです。

追い炊きしなければ入浴剤を気にする必要はない

追い焚きスイッチを押さないだけでなく、浴室内のリモコンで電源を切っておくと安心です。

万が一、追い焚き時に禁止の成分が含まれている場合は、給湯器の故障を引き起こします。

一部の製品には、浴槽のお湯の温度が下がると、自動で追い焚きを開始する機能が付いている機器もあります。

自動運転機能が搭載されているエコジョーズは、機能を停止しましょう。

関連追い炊きガス給湯器の仕組み【図解あり】

入浴剤を入れて不具合が起こったときの対処法

ここでは、入浴剤を使用してお風呂に不具合が発生した際の対処法を紹介します。

追い焚き機能の使用を中止する

追い焚き機能が使えなくなったり、異音がするなど異常が発生した場合は使用を中止してください。

故障の状態で使用を続けると、余計な修理が必要になったり、エコジョーズ本体を交換しなければいけません。

少しでも違和感を感じる場合は、使用を中止して、症状の確認やメーカーへ相談しましょう。

トラブルの症状を把握する

入浴剤が原因で発生するお風呂のトラブルには、配管の詰まりや欠陥、水漏れが原因で以下の症状が発生します。

  • 追い焚き機能が作動しない
  • 給湯器の排出口から異音が聞こえる
  • 設定温度のお湯が出ない
  • 配管から水漏れしている

もし上記の症状が見られたら、追い炊き機能に関する部品や、配管に異常が生じている可能性があるため、業者に修理を依頼してください。

また、修理よりも買い替えの方が長期的に考えたときにコストが抑えられることもあります。

エコジョーズ本体が10年以上経過している場合は、買い替えも検討しましょう。

メーカーや業者に修理を依頼する

入浴剤の成分の詰まりが原因で故障している場合は、循環口の内部を洗浄して症状が改善できます。

問題が改善されない場合は、部品が故障や破損している可能性があります。

特に給湯器内部の修理は、専門知識が必要なため、個人で解決は困難です。

メーカーや専門業者に修理を依頼しましょう。

追い炊き機能あるエコジョーズは入浴剤の種類に注意

今回は、エコジョーズに入浴剤を使う際の注意点を解説しました。

追い炊き機能付きのエコジョーズでも入浴剤は使用できます。

ただし、アルカリや硫黄など配管を傷める入浴剤や、白濁する入浴剤は配管・フィルターを詰まらせる恐れがあるため、配管内に入ってしまうと故障の原因になります。

入浴剤を使用する際は、パッケージの注意書きを読み、配管を傷めない商品を選ぶと安心です。

もし、給湯器や排水口に異常が見られた場合は、内部の部品や配管に異常が生じている可能性があるため、修理を依頼しましょう。

おすすめガス給湯器・エコキュート交換業者『給湯パンダ』
創業16年のガス給湯器・エコキュート業者
7つのメリット
  • エコキュート76%OFF!
  • 10年保証!
  • 最短当日のスピード対応!
  • 自社一貫施工!
  • 見積もり無料!
  • 土日祝も対応!
  • 電話で概算確認OK!

当サイトは、給湯器の交換・修理に給湯パンダをおすすめしています。

給湯パンダは、受付から修理・交換まで自社で一貫して行っているため、中間マージンなども発生しません。

webや電話から無料で給湯器の交換・修理の総額を確認することができます。

土日祝も対応してくれるので、給湯器の交換・修理を検討している方は公式ホームページを見てみてください。

\見積もり・調査費用無料!/
※工事が始まるまで費用は一切かかりません。